霧島地区安全運転管理協議会 | 安全なくして繁栄なし | 交通安全365運動の積極的な推進

社団法人 鹿児島県安全運転管理協議会

霧島地区安全運転管理協議会

■文字サイズ    サイトマップ

シートベルトは正しく着用しましょう

  • シートの背は倒さずに、シートに深く腰掛ける。
  • 腰ベルトは骨盤を巻くように、しっかり締める。
  • 肩ベルトは首にかからないように、また、たるまないようにする。
  • バックルの金具は確実に差し込む。
  • ベルトがねじれないようにする。

チャイルドシートを使用しましょう

6歳未満の子供を車に乗せる場合は確実にチャイルドシートを使用しましょう

  • 子供の体格に合うものを使用する。
  • なるべく後部座席で使用する。
  • ■やむを得ず助手席で使用するときは、座席をできるだけ後ろまで下げて、前向きに固定する。
    (助手席用エアバック装着車の場合)
  • 座席に確実に固定する。

妊娠中でも正しく着用すれば母体・胎児を守ることができます

妊娠の状態は個人により異なりますので、シートベルトを着用することが健康保持上適当かどうか、 医師に確認をするようにしましょう

  • 腰ベルトと肩ベルトを供に着用する。
  • 肩ベルトは首にかからないようにする。
  • 肩ベルトは胸の間を通し、腹部の側面に通す。
  • 腰ベルトは腹部のふくらみを避け、腰骨のできるだけ低い位置を通す。

後部座席もシートベルトを着用しましょう

後部座席もシートベルトの着用が義務づけられています。
前席はすべての道路での違反に、後部座席は一般道を除く高速道路等での違反に行政処分の基礎点数1点が付されます。

 > 各種運動へ戻る

ページの先頭へ